3D映像制作システム ▼次へ
音響制作システムProToolsは、コンピュータで録音、音響制作を行います。
Proという名前からもわかる通り、録音スタジオ等のプロの現場でも使用されています。映像クリエーションコースのシステムでは、DVDでも使用されている5.1chサラウンド(左右だけでなく後ろからも音が聞こえる)の制作にも対応しています。
写真の右の方に見える白い機器で、複数の楽器の音量や音の位置を制御するミキシング作業を行います。
 

 

 

 

 

3D映像制作システム

▲前へ

▼次へ

この大きなスピーカーは、低音を担当するスピーカーです。
DVDやホームシアター等でよく耳にする5.1という言葉は、普通のスピーカーが5個、低音を担当するスピーカー(一部の音だけを出す為に0.1と数える)1個の組み合わせを意味しています。
0.1という言葉だけを聞くと、とても小さな役割のようにも感じられますが、音で空間の迫力を表現するには欠かせないスピーカーです。
 

 

 

 

 

3D映像制作システム

▲前へ

このモニタにはProToolsから映像が出力されます。
映像クリエーションコースで音を作るとなれば、映像に合わせて音を作っていく場合もあります。また、台詞やナレーションを録音する時にも、映像を見ながらの方がタイミングを取りやすくなります。
ProToolsはこれらの様々な機器を制御するので、複雑で難しそうなシステムに見えますが、映像クリエーションコースではProToolsを使用した授業があり、基本操作から習得する事が出来ます。
もちろん授業以外の時間であれば、作品制作に使用する事も可能ですので、頑張ればプロに匹敵するクオリティの音を作り出す事も出来ます。