KGUリンク
映像クリエーションコースリンク

教員

専門分野、担当科目の紹介



海老根 秀之 准教授

■専門分野
画像処理、画像認識

■担当科目
プロジェクトプログラミング、プログラミング基礎・応用、情報基礎及び演習、ディジタル映像 、映像制作演習、 情報理論など

 

小林 和彦 助教

■専門分野
映像制作、音楽制作

■担当科目
メディア表現基礎I・II、音楽理論、コンピュータミュージック、WebSiteデザイン演習、 リッチコンテンツ制作演習など

 

 

荒木 剛 非常勤講師

■担当科目
リッチコンテンツ制作演習、Websiteデザイン演習、VFX映像制作

■職業
ファッションブランドのウェブサイトディレクション、グラフィックデザイン、 ヴィジュアルプランニングを行うアートディレクター。

 

大山 千賀子 非常勤講師

■専門分野
映像制作

■担当科目
ショートムービーの制作、フォトエッセイ、フォトメディア、映像制作演習、コンテンツクリエーション特論

■職業
映像ディレクター・写真家

■経歴
20代で単身渡英し、写真を始める。 主にファッション写真に興味を持ち、 英国にて「Vogue」「19」 「Grazia」「Amica」など、ファッション雑誌の仕事を行う。 日本へ帰国した際に広告分野からのオファーが激増し、一時帰国のつもりが 15年に渡り日本の広告業界の第一線で活動。 資生堂、トヨタ、インターゴールド、 プラチナ、コーセー化粧品、日産自動車、コカコーラ、 三菱電機、ホンダ、コダックなど数多くの広告作品を手掛ける。 また、ドラマティックな設定と自然なライティングには定評があり、 フォトグラファーとしてのみならず、コマーシャルフィルムのカメラマンや 監督としても活躍する。 その後、今後の創作活動に向けた情報収集と自分の内面を見つめ直す時間を作るために、 96年に東京芸術大学大学院美術研究科に、97年にはロンドン大学大学院ゴールドスミス校に入学。 その間はパーソナルな作品制作に専念した。 3度目の渡英を経て、08年に帰国。 現在は映像ディレクターとして短編・長編映画の 監督やプロデュースを手掛ける。 2008年に初監督した短編映画「The Moon and the Sun.and…」は、"NY Independent FF", "Huesca IFF Spain","SaoPaulo IFF","東京国際映画祭 Shortshorts IFF"に セレクションされた。 主な受賞暦に、朝日広告賞、ニューヨーククリオ賞、キリンコンテンポラリーアワード、APA賞など。

■最近の活動
大山千賀子脚本・監督の短編映画「Last ecstacy」が完成。 大山千賀子が脚本・監督を担当した短編映画「Last Ecstacy」が完成。15分の短編映像ながら、 人間の「生と死」を大胆に描いた本作品は見応えたっぷりの作品に仕上がりました。 また、この作品の音楽は、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞した「殯の森」(河瀬直美監督)を 手掛けた作曲家・ 茂野雅道氏が担当。

 

加藤 亮介 非常勤講師

■担当科目
メディアプロデュース

 

佐藤 皇太郎 非常勤講師

■専門分野
映像制作、画像工学、物語論

■担当科目
理工学概論(映)、物語と映像のデザイン、企画とシナリオ、アニメーション制作演習

■経歴
1990年に筑波大学を卒業後、ナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメン ト)に勤務する傍ら、アニメーションの制作や教育に従事。2002年に自主制作した短編アニメーション『戦争の本質』が、広島国際アニメーションフェスティバル2004の特別プログラム「平和のためのアニメーション」にて公式上映、また、KROK国際アニメーションフェスティバル2004のコンペティションに入選。2012年に自主制作した短編アニメーション『LET OUT』が、広島国際アニメーション フェスティバル2014の特別プログラム「現代日本のアニメーション」にて公式上映、また、ブリスベン・アジア太平洋映画祭2014にて招待上映。2015年に、映像制作とCGに関する教科書『ディジタル映像表現[改訂新版]』『入門CGデザ イン[改訂新版]』(CG-ARTS協会、いずれも共編著)を出版。2009年にはソウル国際漫画アニメーションフェスティバル (SICAF) の予選審査委員を、また、 2010年には広島国際アニメーションフェスティバルの国際選考委員を務めた。 2004〜2007年、多摩美術大学・情報デザイン学科・非常勤講師。2009年〜関東学院大学・映像クリエーションコース・非常勤講師。2012年、バンダイナムコゲームス(現:バンダイナムコエンターテインメント)を退職。2013年〜サトリデザイン代表。昔話記述言語(FDL:物語の構造をコンピュータで分析するための人工言語)研究会ディレクター。日本口承文芸学会、画像電子学会、日本アニメーション学会、日本アニメーション協会、ASIFA-Japan 等の会員。

 

金 大偉 非常勤講師

■担当科目
映像の創作と表現、映像の構成と表現

■職業
映像作家、音楽家、空間演出家

■経歴
中国生まれ。 来日後、自然との共鳴感覚や精神内外部の調和を重視しつつ、先端テクノロジーなどを駆使しながら、独自の技法と多彩なイマジネーションによって音楽、映像、美術などの世界を統合的に表現。 近年はアジアをテーマに音楽や映像作品を創作するほか、映像空間展示、ファッションショー、国内外にて音楽コンサートやイベントを行っており、様々な要素を融合した斬新な空間を創出し、各分野において高い評価を受けてい る。 音楽CD 『Harmony』('96) 『Waterland』('97) 『Hong Kong』('97) 『Terra Illuminata』 ('98) 『新・中国紀行』('00) 『 龍・DRAGON 』('00) 『Floating Illusion』('02) 『 東巴TOMPA』('03) など8枚リリース。 '07年に、ヒ−リング音楽として、道「tao」シリーズ3 枚を同時発売。 映像監督作品は、文学と融合させた映像詩・石牟礼道子の『しゅうりりえんえん』('04) 『海霊の宮』('06)など多数。 音楽CD最新作は、中国納西族をテーマに『 TOMPA2』と 『 TOMPA3』を2枚とヒ−リング盤 『 The Erath』を発表。

 

松尾 直子 非常勤講師

■専門分野
心理学、創造性開発、コミュニケーション、人間関係学、子育て学

■担当科目
自己創造力、ヒューマンコミュニケーション演習、クリエイティブ・トーク

■職業
心理カウンセラー。カウンセラー養成トレーナー。より良い親子関係講座トレーナー。
各種セミナー(自己成長・コミュニケーション・人間関係・子育て)講師。

■経歴
上智大学心理学科卒業。ニューヨーク大学大学院にて異文化間コミュニケーション修士号取得。欧米の深層心理セラピー修得。宮崎放送の局アナを経て独立。日本テレビ「ズームイン朝」のリポーター、NHK「NHKスペシャル」の企画リサーチ等、約10年間、日米のTV報道界で多様な生き方や価値観を紹介。全脳幼児教育「七田チャイルドアカデミー」本部の企画広報・教務に7年間携わり人間の無限の可能性を実感。東洋医学免疫研究会“心と体の相談室”の心部門顧間として全国で講演。バングラディッシュでの学校づくり。地球に優しい衣食住と心・体をテーマに“学びの楽園GAIA”を主催。コスモテンにて心のメッセージを伝える電話
“スピリチュアルテレフォン”の制作。女神文明研究会にて古代母性原理文明の調査研究と紹介。オリジナルストーリーの定期朗読会。“鎮守の森ネットワーク”を主催し、神杜で国際交流、イルカと泳ごう、自然農園ツアー等の親子イベントを提供。娘を出産し3年間育児専念の後、長年の夢だった“自分らしさを生きる力に育む学校づくり”を千葉で進める途上、交通事故にあい中断。1年間療養。
現在は、manaレインボー(http://www.mana-rainbow.jpn.ch)を主宰し、カウンセリング、カウンセラー養成、講師養成を行なう。また、“伸び伸び自分らしく周りと調和した生き方”をみつける独自の各種(人間関係、自己成長、子育て)セミナーは、笑いと涙と深い気づきの中で自分がどんどん変わり元気になると大好評。1人1人の中の両極(感性と理性、右脳と左脳、心と物質、女性性と男性性)をバランスよく活かし、違いで争うのではなく違いを活かし合う楽しい共同創造社会を目指し、様々な活動を展開している。著書「インナー・チャイルド」講談社。イメージワークCD「インナー・チャイルド」

 

高橋 和海 非常勤講師

■担当科目
フォトテクニック

 

樋口 喜昭 非常勤講師

■担当科目
音響制作論

 

柳沢 富夫 非常勤講師

■担当科目
メディアワークショップ

 

 

 

 

 



▲ ページのトップに戻る